本文へスキップ

沖永良部島物語集 

島の紹介

№8 島の紹介 Ⅰ-②

 今回から、沖永良部島のさまざまな紹介を10回ほどいたしましょう。もし、この島に関するご質問がありましたら、お寄せください。島の紹介として回答できるものは、この欄でお答えしたいと思います。また、ご意見ご感想も歓迎いたします。ご覧いただいた皆様と交流ができれば有難いことです。

 さて、今回は数字で島をご紹介いたしましょう。(参考資料:『奄美群島の概況』他)

 ・位置と面積   北緯27度22分 東経128度34分 面積93.65㎢ 周囲55.8㎞ 
 ・標高と気温   大山245m 越山188m 平均気温22度 降水量年1000~2000mm
 ・他島との距離  九州(鹿児島)から南西へ536㎞ 沖縄本島は南西へ約60㎞
 ・人口(平成26年7月末現在) 13,347人(男性6,638人 女性6,709人)
 ・耕地面積と耕地率 総面積9,367ha 水田4ha 畑地1,110ha 耕地率48%
    (他の奄美の耕地率 大島2.7% 徳之島27.8% 喜界島39.5% 与論島54.2%)
 ・農業人口と戸数(2010年)農業人口4,831人 農家戸数1,741戸 専業農家780戸
 農家1戸の耕地面積257.3a
 ・作目構成(2011年)野菜34.91(億円) 花卉33.87 砂糖黍10.76 肉用牛10.78
 ・産業別所得   第一次産業62.28(億円) 第二次産業57.56 第三次産業321.15
 ・学校と児童数  小学校9校834人 中学校4校410人 高等学校1校305人
 ・交通アクセス  鹿児島港から海路の所要時間 約18時間  
          鹿児島空港から空路の所要時間 70分と90分
          大阪港から海路の所要時間 約33時間
 ・行政区画と町長 知名町(ちなちょう) ~町長:平安正盛  和泊町(わどまりちょう) ~町長:伊地知実利

 このような数字の羅列では面白くありませんが、もし、これらの数字を他の島と比較してみると、沖永良部島の特色が浮かび上がってきます。

 エラブ(時々方言の島名を使います)は小さな島です。約100㎢ですから、縦10km ・横10kmの広さです。日本には大小約6,800の島があるといいますが、その中でも30番以内には入るようです。そして、平坦な島ですから比較的耕作地が多い島になります。耕地が広いので南西諸島の中では農業の島として知られています。しかし、農業を取り巻く環境は年々厳しさを増していて、農家は島の農業を守るために必死に頑張っています。
                                (文責:えらぶ郷土研究会先田光演)

知名漁港航空写真 沖永良部空港上空写真
         知名漁港航空写真               沖永良部空港上空写真
                  (『沖永良部島100の素顔』より)

 沖永良部島の観光業者
 沖永良部島観光連盟 (0997‐92‐0211 ファックス0997‐84‐3966
 奄美航空ツーリスト沖永良部営業所 (0997‐93‐1700 (知名町知名658‐3)
 山田海陸航空シーワールドトラベル (0997‐92‐1100 (和泊町和泊576‐3) 

Ⅰ-①へ     Ⅰ-③へ


えらぶ郷土研究会

〒891-9121
鹿児島県大島郡和泊町根折1313-1

TEL:0997-92-0911
Fax:0997-92-0963
mail:sakita@shimakatari.com

※@を半角に変更して送信してください。

アクセス数

    

※統計はお一人様1アクセスとなります。

スポンサーリンク

お土産のみへでぃろ堂

ジンズ沖永良部